スウィーテスト多忙な日々

スウィーテスト多忙な日々

誰かの役に立つことは書かれていません……

何一つとして言いたいことはない

f:id:tthatener:20190815232551p:plain

 目を閉じて歩くと、途端に何かとぶつかりそうな恐怖心に襲われるのはどうしてだろう?

 例えそれが駐車場のような周りに何もない広い場所でも、目を閉じると目前に木や壁が突如現れたような錯覚に陥ってしまう。不思議だ。

 

 私の自由研究のテーマは、それを克服し、あわよくばその謎を解き明かそうというものだった。
 そんなことをして一体なんになるんだと言われたらそれまでだけれど、そもそも自由研究なんだから自由にやらせてもらうことにする。

 さて、そのテーマを元に、具体的に何をするかだ。「目を閉じたまま25メートル歩けました」なんて一言で終わるようじゃあ研究とは言えない。
 考えた結果、私は地図を作ることにした。

 

 目を閉じて作る地図。
 果たしてそれに何の意味があるのだろう。そんなことは考えちゃいけない。意味があるかどうかなんてやってみないとわからないし、そもそもやってみて意味がないことなんてきっとない。やって後悔するのは、やって満足することの次に有意義だ。きっとそれは間違いない。

 

 やることも決まり、最初に取り組むべきは目の代用品を手に入れることだ。
 視覚障害者が外を出歩く際に用いる杖を「白杖はくじょう」という。それは扱いの難しい物で、正しく使うには講習を受ける必要がある。それ以前に、健常者が白杖を使うのは道交法違反にあたるらしい。
 そうなってしまうと私は何を頼ればいいのだろう。考えた結果、小学校の頃に空手道場で使っていたこん棒を使えばいいという名案を思いついた。白杖に間違えられることはないだろうし、刃物でもないからきっと大丈夫だ。

 早速、タンスの奥に眠っていた空手着に着替え、クローゼットの底に隠れていたこん棒を取り出した。
 緑色の帯を締めると、裸足のまま外に繰り出す。

 

「何してるの?」
 数歩歩くと、すぐに近所のおばさんに捕まった。不信感を帯びた声だ。
「自由研究です」
 私は毅然とした態度で答える。
「あぁ、そう……」
 おばさんは納得しかねるような声で言った。そりゃあそうだ。上も下も丈の足らない空手着を着た31の男を見て、あぁなるほどと納得できるはずがない。
 いかれちゃったのね。それがきっと正常な判断だ。

 

 ともあれ私は最初の難関をクリアし、再び歩き出す。
 踏み出す一歩は1メートル。十歩歩けば10メートル。
 1、2、3、4、5……数えながら歩き、何かにぶつかるとそこまでの歩数をマジックペンで空手着に書き記し、再び歩き出す。
 時には転び、時にはクラクションを鳴らされ、私は歩き続けた。

 結果、私はいくつかの擦り傷と、ご近所さんからいくつかの後ろ向きな称号を得ることができた。

 

 あちらこちらにめちゃくちゃに数字が書かれた空手着。
 それはまるで怪談「耳なし芳一」のように、忌々しい雰囲気を纏ったまま、タンスの奥底に封印された。

 意味のないことなんて何一つない。
 意味のわからないことをしても意味のわからない結果しか生まない。
 それがわかっただけでも充分な今年の夏の自由研究だった。

 

 

お題「今日の出来事」

宜しければワンクリックずつお願いします。

1.人気ブログランキング

2.人気ブログランキング - にほんブログ村

意味わからんの一言で一蹴するなんて、もったいないことだと思わんかい?

f:id:tthatener:20190814195347p:plain

目からビームは出ないし、口から炎も吐けない。手のひらから出るのも、頑張ってせいぜい手汗ぐらいだ。

 

私は子供の頃、よくゲームをしていた。格闘ゲームも、RPGゲームも、アドベンチャーゲームも、万遍なくやった。あの頃は一体何が楽しくて四六時中ゲームをしていたのかよく覚えていないけれど、大人になってもゲームをして、アニメを見るんだろうなぁ。嫌だなぁ。と思っていた。子共ながらに、自分の子供っぷりに嫌気が差していたのだ。

大人になってからはパタリとゲームをしなくなった。ゲームというのは例えそれがどんなジャンルだろうと、「タイミングよくボタンを押す」だけに過ぎないじゃないか。そんなことに時間を割くなんて馬鹿らしい、と思ってしまったことがきっかけだった。

 

実際はそんなことはなくて、ボタンを押すことによって変わる展開と映像を楽しむのがゲームで、その裏で動いている数字やアルファベットの組み合わせのデータなんて考える必要はない。そんな風に考えるなら、人生だってタイミングよく喋ってタイミングよく体を動かすだけのつまらないものになってしまう。

そんな考えは、冷めすぎていてこじらせすぎている。

 

ゲームの世界の彼らは、手から鮮やかなエネルギーを放出し、敵を蹴散らしていく。

子供の頃はそれに倣って波動拳かめはめ波を出す練習をしたものだ。けれど私たちはすぐに現実を知る。そんなものは出ないのだと。

鳥は空を飛び、魚は海中で息をする。それは当然で、理論に基づいている。従って考えると、人間は生身では飛べないし、海中で息もできない。波動拳なんて当然出やしない。

 

科学というのは、昔は「観察→検証→結果」という順序で物事の仕組みを解き明かしていたという。実際に起きている現象を見て、それを再現し、仕組みを知る。

現代の科学は発展して、予測を元に結果を得る。観察をしなければ皆目見当もつかないというような「未知」が随分と少なくなったのだろう。すごいことである。

 

「そういうことを考え始めた時に、人間が飛んでいなかったことが原因だと思うんだ」

 サルは尖った赤鉛筆の先を私に向けた。彼はヨーロッパの出身で、日本のアニメが好きというただそれだけの理由で日本に移住したらしい。サルトゥスという名前だ。

「どういう意味?」

「鳥が飛ぶ原理を見つけたのは、そもそも鳥が飛んでいたからだろう? 人間は元々飛んでいなかったから、人間が飛ぶ原理が見つからなかったし、飛べないと思われているんだよ」

「屁理屈だなぁ」

 私は顔をしかめて、口の端で笑った。

「だから僕はかめはめ波は打てないんだよ」サルは残念そうに言う。「産まれた時に打ってればなぁ」

 

 物事には理屈がある。それには既に上下関係があって、理屈がなければ物事は成り立たない。サルはことあるごとに、「理屈より先に着けばいいんだ」と私に熱弁した。

 

 丑三つ時、私とサルは遊具のない公園に集まり、夜な夜な戦う。

 接触は厳禁。体の一部から何か未知のエネルギーを放出し、それによって攻撃をするというルールだ。この時代、小学生でもやらないだろう。

 

 数年前の、ちょうど今くらいの時期のことだ。

 サルの太ももからどくどくと血が溢れ、固い土が少しずつそれをすすっている。

 影絵を作るように両手を特殊な形に折り、私は卑猥な言葉を叫んだ。その直後のことだった。

 ついに事が起こったのだ。

 

 サルは太い脈をやってしまい、母国に帰ってしまった。

 それ以来、私は卑猥な言葉を叫ぶのはよそうと決めた。人前で卑猥な言葉を言わない方がいいのは、きっとそういう理由なんだと思う。

 

 

 

今週のお題「人生最大の危機」

宜しければワンクリックずつお願いします。

1.人気ブログランキング

2.人気ブログランキング - にほんブログ村