スウィーテスト多忙な日々

誰かの役に立つことは書かれていません……

剛のこと


いつか誰かが言っていた。
「ジャニーズの男の子たちは成長を止める薬を打たれている」
確かに言われてみれば、嵐もキンキキッズも、世界の木村も身長が低い。
一体どうしてそんなことをするんだろう、と問うと、
ジャニー喜多川の趣味さ」
とその誰かは教えてくれた。それがかれこれ十五年以上も前のやりとりになる。


 目の前でしとしとと涙を垂れる草彅の姿を見て、そのことを思い出した。
 涙の数だけ強くなれるよ とはいうものの、その涙はあまりにも悲哀を帯びているように思える。声を掛けるわけにも、立ち去るわけにもいかず、私はその場で立ち尽くしている。時刻は深夜四時頃。いや、早朝というべきか。それとももっと他に最適な言葉があるんだろうか。
 このような場面に遭遇すると、期待してはいけないがついついあの画像を思い出してしまって、口元が緩みそうになる。

f:id:tthatener:20190617000056j:plain



 そうだ。
 ポケットティッシュを持っていたことを思い出して、鞄を胸に回し、ポケットを探る。あった。
「あの、どうぞ」
 差し出すと草彅は、目の前に差し出されたポケットティッシュをしばらく見つめていた。アイスクリームを掬うスプーンでこそいだように、頬がげっそりとしている。
「何か……何かありましたか? どうしました?」
 ティッシュを受け取ってもらったタイミングで聞いた。答えてもらわなくてもいい。だけど、聞く準備はできている。
 草彅はポツリと言った。
「わからないんだ」
 電気が走った。物心ついた頃から見ていた彼に、未だにわからないことがあって、そのせいでこんな時間に泣いているのか。わからないんだ。わからないんだ。一度口に出してしまうと止まらなくなって、草彅はわからないと繰り返した。


「話を聞かせてもらえませんか?」
 そう言って、私は草彅の隣に座り込んだ。そのまま座るのは少し気がひけるので、草彅の横に落ちているデニムジャケットを下に敷いた。
 見ず知らずの私に、草彅は何から何まで話してくれた。芸能界の話、元メンバーの話、現メンバーの話、達也の話……。
 色々な話を聞いた。僭越ながら、少しだけ私も自分の話をしたり、草彅にアドバイスをした。空が白む頃には毒気も少し抜けたようで、草彅の顔は心なしか軽くなって見えた。よかった。


「あの」好奇心が勝って、つい口走る「満足しましたか?」
 すると、草彅はロボットのようにスッと立ち上がった。そして、おもむろに踊りだした。
「まんっ まんっ 満足ぅ 一本満足ぅ まんっ まんっ 満足ぅ 一本満足ぅ……」
 やめておけばよかったと心から後悔した。
 滑稽だ。私はひどく悲しくなって、涙を一筋流してしまった。草彅はチラリとこちらに目をやったが、それでもまだ踊り続けていた。
 薬って一体なんなんだろう。朝露で、尻に敷いたジャケットが濡れていた。

 

 

1.人気ブログランキング

2.人気ブログランキング - にほんブログ村

なんでもやりゃいいわけじゃねぇ

f:id:tthatener:20190615182129p:plain
「ハトが電線に止まっても感電しないのはなんで?」


 秀夫が言った。秀夫は子供だ。
 子供が子供らしい疑問を持つのが当然のように、秀夫は大人である私がその問いの答えを知っているのが当然だと思っているのかもしれない。そして、生憎私はその答えを知らなかった。
「ハトが電線に止まっても感電しないと思っているのかい?」
 知らないとは言えず、質問に質問を重ねる。
「感電してないから電線に止まってるんでしょ?」
「充電しているのかもしれないね」
「ハトは充電しないよ」
 秀夫は頭がいい。ハトが充電式ではないことを九歳にして既に心得ている。


 右ポケットに入っているスマートフォンを取り出せば、たちどころに解決してしまう疑問だろう。けれど、それをしてしまっていいのだろうか。秀夫の何倍もの年月を生きてきて、ハトが感電しない理由も知らず、困ったら他人の知識を簡単に呼び出して答える。そんな大人だと秀夫には思われたくなかった。
「雨も感電しないね」
 ふと気が付いて言った。
「ほんとだ」
「ってことは、感電しないようになってるんじゃないのかな?」
 そりゃあそうか、と改めて思った。触ると感電するような危険な物が、そのままほったらかしになっているわけがない。だけど、「感電しないようになっているからだよ」とはなんとも面白くない答えに思えた。


「でも、僕ニュースで見たよ。サルが感電してるニュース」
「ほんとだね」
 仮説はすぐに崩れてしまった。じゃあ一体どうして? こうなると私と秀夫は質問者と回答者という立場じゃなくなって、同じ場所から頭を捻るしかなくなってしまう。
「サルは感電して、ハトは感電しない。じゃあ人間は?」
「するだろうね」
「ハトのマスクを被ったら?」
 面白い事を考える子だ。私はつい笑ってしまった。
「しないよ」
「じゃあ、やってみようよ」
 そう言うと、秀夫はおもちゃ箱からハトの被り物を二つ取り出した。


 果たして、私たちはそういう理由から羽もないのにお空へ飛んでいくことになってしまった。
 転生したらハトになろうか。溶けて顔に張り付いた被り物は、もう外れることはない。
 ハトが電線に止まっても感電しないのは、なんでだろう?

 

 

 

知らない方はワンクリックずつお願いします。

1.人気ブログランキング

2.人気ブログランキング - にほんブログ村